Q

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

静観中! 損小利大ブレイクアウト VBS

先日の日銀の黒田総裁発言からユロドルもドル円はヨコヨコな感じですね^^;

そんな中ですが、6月1日から一般販売を開始しましたDjango Forexの3本目の自信作ブレイクアウトEA「VBS」は、うまくダマシにも乗らず静観を決め込んでいます。

闇雲にトレードしたって良いことはありませんので、ここはじっとVBSの判断を信じて待ったほうが良い感じですね^^

ブレイクしなかった等不発になった際は、深追いせずに状況判断に応じて傷が浅いうちに損切り。

ブレイクが決まった時には、トレイリングストップなども活かしながらガンガン利を追求する。

こんなトレードをVBSは日々行いますので、多少の連敗ならすぐにプラスになってしまうというポテンシャルです^^


なぜVBSが損小利大を実現できているかは、バックテストでもフォワード口座を見ても一目瞭然です。

専門的にはリスクリワードレシオと呼ばれる、平均利益と平均損失の割合(平均利益 / 平均損失)から算出する値がありますが、リスクリワードレシオは高い程、損小利大のシステムとなります。

また単純に平均利益が平均損失より大きくなればなるほど、損小利大システムであり、逆であればスキャルピングEA等に多い損大利小のシステムであるとわかります。


VBSはバックテストで見ると、

平均利益 = 62.533
平均損失 = -34.179
リスクリワードレシオ = 1.83 (62.533 / 34.179) となります。


また本日現在のフォワード口座で見ると、

平均利益 = 60.77
平均損失 = -19.72
リスクリワードレシオ = 3.08 (60.77 /19.72) となります。


いずれも平均利益が平均損失より大幅に高い数値である事が一目瞭然ですし、当然、リスクリワードレシオも高くなります。

例えばバックテスト上でのリスクリワードレシオは1.83ですので、2回程度のSLで被る平均損失は1回の利益でカバーできるという事ですね^^

同様に本日現在のフォワード口座でのリスクリワードレシオは3,08ですので、3回程度のSLで被る平均損失は1回の利益でカバーできるという事です!!

こんな損小利大のトレードを実現していますVBSですが、現在USDJPY版とGBPUSD版を追加開発中です!!

ロジックをそれぞれの通貨用に変更したりと変更点がかなり多いので別EAとして順次リリースしようかなとも考えたのですが、VBSに同梱する方向で進めています^^

少なくとも現在すでにVBSをご購入済みの方~今月いっぱいまでにVBSをご購入いただいた方々には完成し次第USDJPYのEAとGBPUSDのEAをお付けしようと思いますので、お早めにどうぞ^^
(USDJPYとGBPUSDのEAは完成し次第のご送付となります)

USDJPY用EAもGBPUSD用EAもベースロジックはVBSを基本としていますので、損小利大EAとなっています。

こんな損小利大EAが3つの通貨で運用できたら、かなり強力ですね^^

ご興味ある方は今月いっぱいまでにご購入ください!


オリジナルEA販売中!
VBS500.gif VBS500.gif


DLmarketで購入 DLmarketで購入


DLmarketで購入 DLmarketで購入

スポンサーサイト


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://djangofx.blog.fc2.com/tb.php/97-83080920
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。